コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交州 こうしゅう Jiao-zhou; Chiao-chou

3件 の用語解説(交州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交州
こうしゅう
Jiao-zhou; Chiao-chou

現在の北ベトナムおよび中国の広東,広西の一部の旧名。前漢の武帝がここに交趾郡をおいた。後漢末に交州となり,唐代に都督府がおかれたが,のちに安南都護府となった。また明代にも交州府がおかれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

交州【こうしゅう】

ベトナム,トンキン地方の古称。ハノイを中心として,漢代には交趾(こうし)郡が置かれ,以来中国人は交州と呼び,ベトナム支配の中心とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交州
こうしゅう

中国が、中国南部、インドシナ半島北東部をさして用いた地名。範囲は時代によって異なる。紀元前106年、漢の武帝によって設置された交趾(こうち)刺史部は、漢朝の南疆(なんきょう)である南海、合浦(がっぽ)(広東(カントン)省)、(たんじ)、珠崖(しゅがい)(海南(かいなん/ハイナン)島)、蒼梧(そうご)、鬱林(うつりん)(広西(こうせい/カンシー)チワン族自治区)、交趾、九真、日南(ベトナム北・中部)の9郡を統轄した。紀元後203年、後漢(ごかん)の献帝はこれを交州と改称し、州治を蒼梧郡の広信(現広西チワン族自治区蒼梧)に置いた。三国時代、9郡は呉(ご)の領有するところとなったが、呉は交趾郡の南海貿易における重要性に注目し、交州の州治を交趾郡の竜編(ベトナム北部、ハア・バク省)に移し、晋(しん)、宋(そう)、斉(せい)、隋(ずい)の歴朝もこれに倣った。唐初、高祖李淵(りえん)は622年安南都護府(あんなんとごふ)を設け、交州をその管轄下とし、府治を大羅(だいら)城(現ハノイ近郊)に置いた。その際、交州を形成していた9郡は改編されて11州となり、交州は現ベトナム北部のハア・ナム・ディン(河南定)省一帯をさす名称となった。[陳 荊 和]
『杉本直治郎著『東南アジア史研究1』(1956・日本学術振興会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交州の関連キーワードトンキン湾事件越南華南広西広西チワン族自治区ベトナム共和国ベトナム民主共和国日本ベトナム間賠償借款協定ベトナムオン語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone