コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安南都護府 あんなんとごふAn-nan du-hu-fu; An-nan tu-hu-fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安南都護府
あんなんとごふ
An-nan du-hu-fu; An-nan tu-hu-fu

中国,唐代の6都護府の一つ。調露1 (679) 年宋平 (ハノイ) に治所がおかれた。その支配地域は広東広西南部,雲南南東部およびベトナム北部にわたり,周辺諸部族を治めた。至徳2 (757) 年から大暦1 (766) 年には鎮南都護府とも呼ばれた。9世紀後半に南詔侵略を受けて衰亡し,広明1 (880) 年以降その機能を失った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アンナン‐とごふ【安南都護府】

中国唐代、ベトナムの北部中部を統治するために置かれた機関

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アンナンとごふ【安南都護府】

中国、唐の都護府の一。622年ハノイに交州大総管府を置き、679年安南都護府と改称。五代にはベトナムの独立で消滅した。阿倍仲麻呂もここの長官を務めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安南都護府
あんなんとごふ

中国、唐朝が辺境異民族の統治のために置いた六都護府の一つ。現在の北部ベトナムから中部ベトナム北半の地に、679年から置かれた。直轄支配地である7州と、自治区である羈縻(きび)州に分かれ、8世紀末ごろからはハノイに府治が置かれた。9世紀、唐朝の衰退とともに、都護府政治は終わり、独立王国が生まれたが、アンナンの呼称はその後も長く用いられた。[桜井由躬雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の安南都護府の言及

【アンナン】より

…現在はまったく用いられない。北部ベトナムは前1世紀以来,中国の植民地になっていたが,唐にいたってこの地に安南都護府が置かれた。安南の呼称はこの都護府の名に由来する。…

※「安南都護府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

安南都護府の関連キーワードナムウォン(南原)市唐の時代(年表)阿倍仲麻呂クック氏安南焼五代改称安南交州大越