コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交換婚 こうかんこん exchange marriage

3件 の用語解説(交換婚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交換婚
こうかんこん
exchange marriage

2つの集団間で相互に配偶者を交換し合う婚姻の一形態。一般に婚姻は夫と妻の直系親族の紐帯を形成するが,そのような紐帯の政治的・経済的結合はきわめて大きな力をもつことが多い。そのため多くの社会では,婚姻が当事者ではなく年長の親族によって整えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

交換婚【こうかんこん】

一対の血縁集団間での女性(男性)成員の交換による結婚の方式。交換方法としては,2集団の間で互いに女性を交換する直接的交換(限定交換)と,A集団はB集団に嫁を与え,反対にC集団から嫁をもらうという間接交換(一般交換)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交換婚
こうかんこん

結婚をある集団から他の集団への女性の移動であると考えた場合、そのうち集団間で一定の方法によって女性の交換が行われるのが交換婚であり、次の3種に大別される。
(1)姉妹交換 2集団間で姉妹または同世代の女性成員を互いに交換しあうもので、ナイジェリアのティブ人などにみられる。ある男性の妻は自分の父の姉妹の娘(父方交差いとこ)であると同時に自分の母の兄弟の娘(母方交差いとこ)でもあり、2集団は各世代ごとに女性を交換する。
(2)隔世代交換 1世代前に女性を与えた集団から自分の妻を迎え、その集団に自分の姉妹を与えるもので、パプア・ニューギニア南東部の、トロブリアンド島民などにみられる。この交換は、ある男性が自分の父の姉妹の娘と結婚する父方交差いとこ婚に明確な形でみられる。
(3)一方的交換 ある集団にとって女性を与える集団と女性をもらう集団が異なるもので、インドのプルム人などにみられる。この交換法はある男性が自分の母の兄弟の娘と結婚する母方交差いとこ婚に明確にみられる。以上の交換婚は、かならずしも厳密に行われるとは限らないが、いずれも女性の交換によって、集団間の連帯関係が生み出されている。[上田紀行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交換婚の関連キーワード族外婚相照らす交換留学二次回路配偶者特別控除圧し合うレシプロシティー交換教授果し合う交換再保険

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone