紐帯(読み)ジュウタイ

大辞林 第三版の解説

じゅうたい【紐帯】

〔「じゅう」は漢音〕

ちゅうたい【紐帯】

〔「じゅうたい」とも〕
ひもとおび。転じて、物と物、人と人とを結びつける役割を果たす大事なもの。
特に、社会の構成員を結びつけている、血縁・地縁・利害などのさまざまな条件。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐たい ヂュウ‥【紐帯】

〘名〙 (「じゅう」は「」の漢音) =ちゅうたい(紐帯)
※文学批評の方法論(1940)〈岩上順一〉「金銭と経済の冷血な法則そのものが、肉親の紐(ヂウタイ)を日日に解体せしめつつあるといふ客観的現実を」

ちゅう‐たい チウ‥【紐帯】

〘名〙 (「じゅうたい」とも)
① おびとひも。転じて、おびやひものように、両者を結びつけるたいせつなもの。つながり。
※文学批評の方法論(1940)〈岩上順一〉「金銭と経済の冷血な法則そのものが、肉親の紐帯(ヂウタイ)を日日に解体せしめつつある」
② 特に、社会を構成している条件。血縁・地縁・利害など。
※日本の思想(1961)〈丸山真男〉一「この同族的〈略〉紐帯と祭祀の共同と、『隣保共助の旧慣』とによって成立つ部落共同体は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紐帯の関連情報