紐帯(読み)チュウタイ

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐たい ヂュウ‥【紐帯】

〘名〙 (「じゅう」は「紐」の漢音) =ちゅうたい(紐帯)
※文学批評の方法論(1940)〈岩上順一〉「金銭と経済の冷血な法則そのものが、肉親の紐帯(ヂウタイ)を日日に解体せしめつつあるといふ客観的現実を」

ちゅう‐たい チウ‥【紐帯】

〘名〙 (「じゅうたい」とも)
① おびとひも。転じて、おびやひものように、両者を結びつけるたいせつなもの。つながり。
※文学批評の方法論(1940)〈岩上順一〉「金銭と経済の冷血な法則そのものが、肉親の紐帯(ヂウタイ)を日日に解体せしめつつある」
② 特に、社会を構成している条件。血縁・地縁・利害など。
※日本の思想(1961)〈丸山真男〉一「この同族的〈略〉紐帯と祭祀の共同と、『隣保共助の旧慣』とによって成立つ部落共同体は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android