コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通遺児 コウツウイジ

デジタル大辞泉の解説

こうつう‐いじ〔カウツウヰジ〕【交通遺児】

交通事故で片親または両親を亡くした子供。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうつういじ【交通遺児】

交通事故によって親を失った児童。両親を失った場合はもとより,その多くは父親を失い,母子家庭として公的な援助を必要とする者が多い。1960年代以降の産業化社会の進展による交通事故の激増に伴い登場してきた社会的問題の一つといえる。もっとも多い道路交通事故にしても加害者による補償では補えず,生活保護を受けている母子家庭もあるが,今日まだ十分な公的施策がととのわず,民間の救済運動に依存している現状である。その大きなものに交通遺児育英運動があげられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうつういじ【交通遺児】

親を交通事故で失った子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

交通遺児の関連キーワードペーター ヘルトリング自動車事故被害者問題自動車事故対策機構歩行権回復主義秩父宮妃勢津子秩父宮 勢津子交通安全対策バイコロジー山内 雅人育英制度藤村修

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交通遺児の関連情報