京へ筑紫に坂東さ(読み)キョウヘツクシニバンドウサ

大辞林 第三版の解説

きょうへつくしにばんどうさ【京へ筑紫に坂東さ】

室町時代の諺ことわざ。方向を示す助詞として、京都では「へ」、九州では「に」、関東では「さ」を使うことをいったもの。「実隆公記」「四河入海しかにつかい」、ロドリゲスの「日本大文典」などに記されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう【京】 へ 筑紫(つくし)に坂東(ばんどう)

方向を示す助詞を、京都地方では「へ」、九州地方では「に」、関東地方では「さ」をそれぞれ用いるというように、方言には特色があるということをたとえていう言葉。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
[補注]「実隆公記‐明応五年(一四九六)正月九日」には、「宗祇談、京に、つくしへ、坂東さ。京にはいつくにゆくなと云、筑紫にはいつくへゆくと云、坂東にはいつくさゆくと云」という記述がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android