コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極持高 きょうごく もちたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極持高 きょうごく-もちたか

1401-1439 室町時代の武将。
応永8年生まれ。京極高光の子。応永20年父の跡をつぎ,出雲(いずも),隠岐(おき),飛騨(ひだ)の守護となる。侍所頭人(とうにん),山城守護もかねる。永享(えいきょう)5年からの延暦寺(えんりゃくじ)騒動では,六角満綱(ろっかく-みつつな)とともに寺領の没収にあたった。永享11年1月13日死去。39歳。幼名は吉童子丸。初名は持光。通称は三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

京極持高の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android