コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人参座 ニンジンザ

デジタル大辞泉の解説

にんじん‐ざ【人参座】

江戸時代、幕府から薬用人参の専売特権を与えられた座。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にんじんざ【人参座】

江戸幕府が薬用人参の売買統制のために設置した座。薬用人参は18世紀半ばまでは輸入がほとんどで,朝鮮人参唐人参があった。朝鮮人参は対馬藩が独占的に輸入販売し,江戸屋敷での屋敷売りのほか,1673年(延宝1)人参座を設け座売りもした。18世紀以後の輸入不振によりやがて廃止。長崎の唐人参の輸入は17世紀後半に始まり,1735年(享保20)江戸長崎屋源右衛門に唐人参座が許可され,1860年(万延1)江戸長崎会所と改称されるまで存続。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にんじんざ【人参座】

江戸時代、チョウセンニンジンの専売を幕府から許されていた座。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

人参座の関連キーワードチョウセンニンジン朝鮮人参座江戸時代徳川吉宗

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android