コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人口地理学 じんこうちりがく demographic geography

2件 の用語解説(人口地理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人口地理学
じんこうちりがく
demographic geography

人口現象について地域的な立場から研究する学問分野で,人文地理学の一分野。人口現象の分布,人口移動の地域的考察,さらに人口現象からみた地域構造などを研究対象とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人口地理学
じんこうちりがく

地理学の一分科。地理学の研究対象は地域であり、地域の構成要素の一つとしての人口現象を研究して、究極的には地域構造を明らかにする学問。各地域の人口現象は、その地域固有の自然現象のほかに、そこに展開された独自の政治、経済、社会的現象と深いかかわりをもつ。ここで人口現象というのは、地域内の人口変動(増減)であり、その人口変動は自然変動(出生と死亡との差)と、社会変動(流入と流出との差)との和によっておこる。なかでも地域内および地域相互間の人口移動が重要な要因である。その際、人口を単に数(量)だけからではなく、質の面、すなわち男女別、年齢別、人種別など生得的要素をはじめ、居住地別、結婚状態別、学歴別などの社会的要素、産業別、労働力別などの経済的要素、宗教別、言語別などの文化的要素などからくる住民特性を問題とする。人口地理学の発達は、主として第二次世界大戦後のことであり、先進国、発展途上国ともに流動的な社会となり、まず人口の都市集中に始まり、とくに先進国では都市間移動も盛んで、こうした人口の地域間移動によって、都市、農村ともに地域の変容が急速に顕著に現れ始めたことと関連する。[岸本 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人口地理学の関連キーワード語用論超心理学保険学講評OC法言語学栄養疫学水文気象人口政策《高等な立場から観た初等数学》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人口地理学の関連情報