コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉の緒 タマノオ

デジタル大辞泉の解説

たま‐の‐お〔‐を〕【玉の緒】

玉を貫き通した細ひも。また、その宝玉の首飾り。
「初春の初子(はつね)の今日の玉箒(たまばはき)手に取るからに揺らく―」〈・四四九三〉
《玉をつなぐ緒が短いところから》短いことのたとえ。
「逢ふことは―ばかり思ほえてつらき心の長く見ゆらむ」〈伊勢・三〇〉
《魂(たま)の緒の意から》生命。いのち。
「―よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする」〈新古今・恋一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たまのお【玉の緒】

宮城の日本酒。酒名は近くにある「絶(おだえ)橋」に由来。精米歩合70%で仕込む本醸造酒。味わはやや辛口。原料米は宮城県産米。蔵元の「橋平酒造店」は寛政2年(1790)創業。所在地は大崎市古川七日町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

たまのお【玉の緒】

玉をつらぬいた糸。また、特に宝玉の首飾り。
〔「魂の緒」の意〕 いのち。生命。 「なかなかに恋に死なずは桑子にぞなるべかりける-ばかり/伊勢 14
植物ミセバヤの別名。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玉の緒の関連キーワードおもな枕詞とかかり方津打治兵衛(2代)小倉百人一首鳥居強右衛門行き変はる式子内親王武田勝頼妻思ひ敢ふ玉の緒柳まくのみ揺らかす安島帯刀井上正鉄長野義言石上神宮新体詩からに息の緒絶えてもゆら

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉の緒の関連情報