コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉の緒 タマノオ

3件 の用語解説(玉の緒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たま‐の‐お〔‐を〕【玉の緒】

玉を貫き通した細ひも。また、その宝玉の首飾り。
「初春の初子(はつね)の今日の玉箒(たまばはき)手に取るからに揺らく―」〈・四四九三〉
《玉をつなぐ緒が短いところから》短いことのたとえ。
「逢ふことは―ばかり思ほえてつらき心の長く見ゆらむ」〈伊勢・三〇〉
《魂(たま)の緒の意から》生命。いのち。
「―よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする」〈新古今・恋一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たまのお【玉の緒】

宮城の日本酒。酒名は近くにある「緒絶(おだえ)橋」に由来。精米歩合70%で仕込む本醸造酒味わいはやや辛口。原料米は宮城県産米。蔵元の「橋平酒造店」は寛政2年(1790)創業。所在地は大崎市古川七日町

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たまのお【玉の緒】

玉をつらぬいた糸。また、特に宝玉の首飾り。
〔「魂の緒」の意〕 いのち。生命。 「なかなかに恋に死なずは桑子にぞなるべかりける-ばかり/伊勢 14
植物ミセバヤの別名。 [季] 秋。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉の緒の関連情報