コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イノチ

デジタル大辞泉の解説

いのち【命】

生物が生きていくためのもとの力となるもの。生命。「にかかわる病気」「をとりとめる」「ある限り」
生きている間。生涯。一生。「短いを終える」
寿命。「が延びる」
最も大切なもの。唯一のよりどころ。そのものの真髄。「と頼む」「商売は信用がだ」
運命。天命。
「年ごとにあひ見ることは―にて老いの数そふ秋の夜の月」〈風雅・雑上〉
近世遊里などで、相愛の男女が互い二の腕に「命」の一字、または「誰々命」と入れ墨をすること。また、その文字。

めい【命】

いのち。生命。「が果てる」「を捨てる」
命令。「を帯びる」「に背く」
運命。「にあり」

めい【命】[漢字項目]

[音]メイ(漢) ミョウ(ミャウ)(呉) [訓]いのち みこと
学習漢字]3年
〈メイ〉
いのち。「命脈延命懸命身命人命生命絶命存命短命致命長命余命落命露命
言いつける。言いつけ。「命令違命厳命抗命使命待命勅命特命任命拝命復命奔命用命
名づける。「命名
名を記した戸籍。「亡命
天や神の意志。めぐり合わせ。「運命革命宿命知命天命薄命非命本命
目あて。「命中
〈ミョウ〉
いのち。「帰命寿命定命(じょうみょう)不惜身命(ふしゃくしんみょう)
言いつけ。「宣命
〈いのち〉「命綱
[名のり]あきら・かた・とし・な・なが・のぶ・のり・まこと・み・みち・もり・や・よし・より

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

めい【命 mìng】

古代中国で,天が人間に下した命令をいう。天が地上の聖人に天下の統治を命じた天命に対し,広く個人の寿命,運命をさすものとして用いる。この場合,吉福の命をうけるか凶禍の命をうけるかは,その人の行いいかんによって決定されるとの考え方(随命説)が伝統的であった。しかし後漢になると,命は生をうけた時点で決定され,吉凶禍福は個人の主体的努力の及ぶところではないとの宿命論へ展開していく。【串田 久治】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いのち【命】

生物を生かしていく根源的な力。生命。 「 -の恩人」 「 -を捧げる」
生涯。一生。 「短い-を終えた」
寿命。 「 -の限り」 「 -を長らえる」 「 -が縮む思い」
一番大事なもの。ただ一つのよりどころ。 「 -とたのむ」 「画家にとって絵筆は-だ」
近世、主に遊里で、相思の男女が互いの名前の下に添えて、「吉さま命」などと二の腕に入れ墨をした文字。心変わりのないことを誓うもの。

めい【命】

いのち。生命。 「一-をとりとめる」
言いつけ。命令。 「 -にそむく」
定め。運命。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【生命】より

…命(いのち)ともいう。〈生物の本質的属性〉と定義することが多いが,この定義はあいまいであり,生命,生物の両概念に関して循環論法的でもある。…

【三命説】より

…中国で,命(運命)に三色すなわち受命と随命と遭命があるとする説。命を分類することは孟子や荘子にすでに見られるが,三命のかたちをとるようになるのは前漢末の緯書に始まり,後漢になってほぼ固定した。…

※「命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

命の関連キーワード五伴緒神・五部神伊豫豆比古命神社常陸國總社宮天手長男神社日間賀神社尾張大海媛上宮天満宮小物忌神社命を捧げる真敷刀婢伊予神社枚聞神社鬱色謎命気比神宮諏訪神社尾上神社須佐神社恵那神社四所明神須我神社

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

命の関連情報