(読み)イノチ

デジタル大辞泉の解説

いのち【命】

生物が生きていくためのもとの力となるもの。生命。「にかかわる病気」「をとりとめる」「ある限り」
生きている間。生涯。一生。「短いを終える」
寿命。「が延びる」
最も大切なもの。唯一のよりどころ。そのものの真髄。「と頼む」「商売は信用がだ」
運命。天命。
「年ごとにあひ見ることは―にて老いの数そふ秋の夜の月」〈風雅・雑上〉
近世遊里などで、相愛の男女が互い二の腕に「命」の一字、または「誰々命」と入れ墨をすること。また、その文字。

めい【命】

いのち。生命。「が果てる」「を捨てる」
命令。「を帯びる」「に背く」
運命。「にあり」

めい【命】[漢字項目]

[音]メイ(漢) ミョウ(ミャウ)(呉) [訓]いのち みこと
学習漢字]3年
〈メイ〉
いのち。「命脈延命懸命身命人命生命絶命存命短命致命長命余命落命露命
言いつける。言いつけ。「命令違命厳命抗命使命待命勅命特命任命拝命復命奔命用命
名づける。「命名
名を記した戸籍。「亡命
天や神の意志。めぐり合わせ。「運命革命宿命知命天命薄命非命本命
目あて。「命中
〈ミョウ〉
いのち。「帰命寿命定命(じょうみょう)不惜身命(ふしゃくしんみょう)
言いつけ。「宣命
〈いのち〉「命綱
[名のり]あきら・かた・とし・な・なが・のぶ・のり・まこと・み・みち・もり・や・よし・より

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

めい【命 mìng】

古代中国で,天が人間に下した命令をいう。天が地上の聖人に天下の統治を命じた天命に対し,広く個人の寿命,運命をさすものとして用いる。この場合,吉福の命をうけるか凶禍の命をうけるかは,その人の行いいかんによって決定されるとの考え方(随命説)が伝統的であった。しかし後漢になると,命は生をうけた時点で決定され,吉凶禍福は個人の主体的努力の及ぶところではないとの宿命論へ展開していく。【串田 久治】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いのち【命】

生物を生かしていく根源的な力。生命。 「 -の恩人」 「 -を捧げる」
生涯。一生。 「短い-を終えた」
寿命。 「 -の限り」 「 -を長らえる」 「 -が縮む思い」
一番大事なもの。ただ一つのよりどころ。 「 -とたのむ」 「画家にとって絵筆は-だ」
近世、主に遊里で、相思の男女が互いの名前の下に添えて、「吉さま命」などと二の腕に入れ墨をした文字。心変わりのないことを誓うもの。

めい【命】

いのち。生命。 「一-をとりとめる」
言いつけ。命令。 「 -にそむく」
定め。運命。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いのち【命】

〘名〙
① 人間や生物が生まれてから死ぬまでの、生存の持続。
(イ) 継続されるべき、ただし限りのある生の力。生命。また、寿命。
※古事記(712)中・歌謡「伊能知(イノチ)の、全けむ人は」
(ロ) 生まれてから死ぬまでの期間。生涯。一生。
※読本・雨月物語(1776)貧福論「天蒼氏(てんそうし)の賜(たまもの)すくなくうまれ出たるなれば〈略〉いのちのうちに富貴を得る事なし」
② さまざまの角度からとらえた生存の意義。
(イ) 天から与えられた定め。運命。天命。〔観智院本名義抄(1241)〕
(ロ) 生存をつづけるための、物的または心的なよりどころ。唯一のたのみ。生き甲斐。→命にて
※後撰(951‐953頃)夏・一九三「常もなき夏の草葉に置く露をいのちとたのむ蝉のはかなさ〈よみ人しらず〉」
(ハ) 物事をそのものたらしめる本質的な価値。そのもの独特のよさ。真髄。また、一番大切なところ。
※風姿花伝(1400‐02頃)三「能をせん程の者の、和才あらば申楽を作らん事易かるべし。これ此道のいのち也」
(ニ) 人の世の中に生きつづける、物事、作品などの価値。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉六「詩の命(イノチ)は事実より確かです」
③ (生きるよりどころの意味から特殊化して) 一生をそれに捧げてもよい誠意を示す証拠立ての文字、また、転じてその語。多く遊里に行なわれた習慣で、相愛の男女が互いに二の腕へ「命」の一字、または「誰々命」と入れ墨して、二世も三世もと誓った。
※評判記・色道大鏡(1678)六「命(イノチ)の字を名の下にしるす事、古代よりありて」

めい【命】

〘名〙
① まわりあわせ。運命。天命。
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「孔子曰、受之於天、不変易者形也、受之於命、不請益者寿也」
※十訓抄(1252)九「命をしれるものは天を恨みず。をのれを知者は人を不恨と」 〔論語‐子罕〕
② いのち。生命。寿命。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「つはもののためにめいをはり」 〔論語‐憲問〕
③ 仰せ。いいつけ。命令。
※今昔(1120頃か)一「湏達を七日が間、舎衛国の王と可為し〈略〉国の大小の事、湏達が命に可随し」
※平家(13C前)一二「主君の命をおもんじて、私の命(いのち)をかろんず」 〔書経‐仲虺之誥〕

めい・じる【命】

〘他ザ上一〙 (サ変動詞「めいずる(命)」の上一段化したもの) =めいずる(命)
※和英語林集成(初版)(1867)「Meiji, jiru(メイジル), または、dzru, jita メイズル 命」
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「今直に命じるから辛抱したまへ」

めい‐・ず【命】

〘他サ変〙 ⇒めいずる(命)

めい‐・ずる【命】

〘他サ変〙 めい・ず 〘他サ変〙
① 言いつける。命令する。命じる。また、任命する。また、注文する。
※正法眼蔵(1231‐53)心不可得「ちなみに国師に命じて試験せしむるに」
※史記抄(1477)三「微子開を宋に封ずるとき命した辞ぞ」
② 名称をつける。名づける。命名する。
※授業編(1783)五「著書の名目も後人のごとくさまざまに索め考えて命ずる事なく」
③ (特に「命ぜらる」の形で) おっしゃる。
※徒然草(1331頃)二一九「四条黄門命ぜられて云はく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【生命】より

…命(いのち)ともいう。〈生物の本質的属性〉と定義することが多いが,この定義はあいまいであり,生命,生物の両概念に関して循環論法的でもある。…

【三命説】より

…中国で,命(運命)に三色すなわち受命と随命と遭命があるとする説。命を分類することは孟子や荘子にすでに見られるが,三命のかたちをとるようになるのは前漢末の緯書に始まり,後漢になってほぼ固定した。…

※「命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

命の関連情報