コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人国記 じんこくき

3件 の用語解説(人国記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人国記
じんこくき

2巻。近世初期の地誌。北条時頼の作とされているが,現在では近世初頭の著作と考えられている。内容は,五畿内七道諸国の地理,風俗,民情などについて簡単な記述を加えたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんこっ‐き〔ジンコク‐〕【人国記】


日本全国の地理・風俗・人情などを国別に書き記した書物。
国別または府県別に、その地方出身の著名な人物を評論した記事、または書物。
地誌。著者・成立年未詳。2巻。室町末期の成立か。元禄14年(1701)改編本として刊行。日本各国の人情・気質を風土と関連づけて論じたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じんこくき【人国記】

地誌。二巻。著者未詳。室町末期の成立か。1701年の刊本は関祖衡による改編。伴信友校閲のものなどもある。各地の風俗やその土地に住む武士から庶民までの性向について国別に論じたもの。
都道府県別(国名別)に、その地方から出た著名人物を評論した記事または書物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人国記の関連情報