コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工ダイヤモンド ジンコウダイヤモンド

1件 の用語解説(人工ダイヤモンドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐ダイヤモンド【人工ダイヤモンド】

人工的に造られるダイヤモンド。炭素の同素体の一つである石墨などに高温高圧をかけたり、炭化水素の気体の蒸着で結晶成長させたり、炭素を含む爆薬を爆発させて合成したりする手法がある。その硬度を活かし、工業用の研磨剤や切削道具に利用される。合成ダイヤモンド人造ダイヤモンド

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の人工ダイヤモンドの言及

【人工鉱物】より

…ルビーおよびその同種であるサファイアは,軸受やてんびんの支点,シリコンデバイス用基板や時計のガラスの硬質化などに寄与している。人工ダイヤモンドはほぼ全量が工業用として生産され,研磨・研削用の70%を超えるに至った。水晶もほぼ全量が発振子用や光学用に使用され,天然品をはるかに上回っている。…

【ダイヤモンド】より

…和名は金剛石。天然産のものは世界で年間12tほど生産され,そのうちの20%は宝石用,残りの80%と人工ダイヤモンドのすべては工業用である。【西田 孝】
【宝石】
 ダイヤモンドは最高の硬度と高い屈折率による光輝とによって,宝石の王者の地位にある。…

※「人工ダイヤモンド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人工ダイヤモンドの関連情報