人工海岸(読み)じんこうかいがん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人工海岸
じんこうかいがん
artificial beach

侵食作用を受けて砂浜が大きく失われた海岸、あるいは埋立てなどにより消失した砂浜を復原するため、砂浜を維持する目的で突堤や離岸堤などの構造物を用い、砂・砂利などを補給して人為的に造成した海岸。日本の各地で造成されている。人工海岸の造成にあたっては、計画地点における年間を通じての気象条件、波・潮汐(ちょうせき)・流れなどの海象条件、周辺における河川の状況、港湾・漁港・下水処理場など各種施設の影響を十分に調査し、自然の力を利用して、造成された砂浜海岸ができる限り良好に維持されるように設計する。補給砂の粒径は現地のそれと同等か、あるいはやや粗めのものが望ましく、水深が大きい場合には下層に砕石・砂利を投入し、上層に敷砂する。また間隔を300~500メートル程度とした突堤を設け、状況に応じて沖合いに離岸堤を設ける。海浜勾配(こうばい)は数十分の1、場合によっては水面下に没する潜堤を設けて、海岸先端の砂止めとすることもある。[堀口孝男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の人工海岸の言及

【海岸】より

…赤潮の発生により沿岸漁業に被害を生じ,重金属による汚染のため,人体への悪影響など沿岸海域の環境悪化は社会的な問題となっている。海岸・沿岸海域の開発と利用が高度化するにつれて,海岸堤防,海岸護岸,突堤,防波堤,防潮堤,離岸堤などの海岸建造物が多くなり,日本の海岸の人工改変は急速に進み,人工海岸(人工的につくられた海岸や人工構築物のある海岸)が多くなり,自然海岸が少なくなりつつある。環境庁の昭和53年度の調査によれば,日本の自然海岸は全体の59%といわれている。…

※「人工海岸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android