コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

什伍 ジュウゴ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ご〔ジフ‐〕【××伍】

軍隊で、10人または5人の兵士の組み合わせ。また、その隊伍。
古代中国で、連帯責任を負う隣保組織。五家を伍とし、二伍(一〇家)をとした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうご【什伍】

軍隊で、一〇人または五人の組み合わせ。また、その隊伍。
中国の秦で、商鞅しようおうが採用した一〇軒一組、または五軒一組の隣保組織。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の什伍の言及

【村】より

…それは五家を基本単位とし,五倍数ごとの組織を作り,それぞれに長を置いて自治をゆだねるものであった。この方法のうち,五家を一組として行政の最末端組織とする方法(伍,その2倍を什といい,什伍と慣用する。ほかに保などとも呼ぶ)は,連座責任制として,後世しばしば利用されている(隣保制)。…

【隣保制】より

…治安維持等のため近隣の一定数の家々に隣組を作らせ,連帯責任を負わせる制度。
[中国]
 儒家の経典《周礼(しゆらい)》には,5家,25家,125家等の積上げ組織が一般の地方行政機構として説かれているが,現実の制度として史上に現れるのは戦国末期の什伍に始まる。秦の商鞅(しようおう)の変法に際し,法令に違犯した者を告発させた場合,同伍の者が姦人を隠せば皆同罪として厳刑に処した。…

※「什伍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

什伍の関連キーワード什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃互・五・伍・午・吾・呉・娯・後・御・悟・期・梧・碁・語・誤・護組み合わせ隣保制保甲法兵士隊伍軍隊商鞅