(読み)ジュウ

デジタル大辞泉 「什」の意味・読み・例文・類語

じゅう【什】[漢字項目]

[音]ジュウ(ジフ)(呉)
軍や隣組組織で、十人一組の単位。「什伍じゅうご
ふだん用いる器物。「什器什具什物じゅうもつ家什
一〇編でひとまとまりの詩歌詩編。「佳什かじゅう篇什へんじゅう
難読什麼生そもさん

じゅう〔ジフ〕【×什】

10。10人。10家。また、10を単位としたもの。
詩経」のしょうの各10編。また、単に漢詩10編。
詩歌。また、詩編。
「時折の―をこの篇の作者のところへ」〈佐藤春夫晶子曼陀羅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「什」の意味・読み・例文・類語

じゅうジフ【什】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 数量の一〇。また、古代中国で、行政・軍制などで、一〇人、一〇家など、十を単位とする一組。
    1. [初出の実例]「軍法に五人を伍と云、十人を什と云ぞ」(出典:史記抄(1477)三)
    2. [その他の文献]〔管子‐立政〕
  3. 詩経で、雅、頌の各一〇篇のこと。転じて、詩歌、または、詩篇
    1. [初出の実例]「奉宿旧居之什」(出典文華秀麗集(818)中)
    2. [その他の文献]〔江総‐皇太子太学講碑〕
  4. じゅう(十)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android