コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウ

デジタル大辞泉の解説

じゅう〔ジフ〕【×什】

10。10人。10家。また、10を単位としたもの。
詩経」の頌(しょう)の各10編。また、単に漢詩10編。
詩歌。また、詩編。
「時折の―をこの篇の作者のところへ」〈佐藤春夫晶子曼陀羅

じゅう【什】[漢字項目]

[音]ジュウ(ジフ)(呉)
軍や隣組の組織で、十人一組の単位。「什伍(じゅうご)
ふだん用いる器物。「什器什具什物(じゅうもつ)家什
一〇編でひとまとまりの詩歌。詩編。「佳什(かじゅう)篇什(へんじゅう)
[難読]什麼生(そもさん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

什の関連キーワード鳩摩羅什(くまらじゅう)鳩摩羅什(くもらじゅう)仁和寺宮道永法親王行き立て・行立て十住毘婆沙論ミンタカ峠顕本法華宗坐禅三昧経金剛般若経大智度論安部和貞十二門論喀什噶爾トンシー羅什三蔵年の朝弥勒経隣保制妙満寺竹婦人

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

什の関連情報