寥廓(読み)リョウカク

デジタル大辞泉の解説

りょう‐かく〔レウクワク〕【××廓】

[形動][文][ナリ]に同じ。
「―なる天の下、蕭瑟(しょうしつ)なる林の裏(うち)」〈漱石・幻影の盾〉
[ト・タル][文][形動タリ]広々として大きいさま。空虚で広いさま。
「この女の眼に映じた世界は何んなに空漠な、―としたものであろう」〈森田草平煤煙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうかく【寥廓】

( トタル ) [文] 形動タリ 
広々として大きいさま。 「四顧しこ-として、止ただ山水と明月とあるのみ/義血俠血 鏡花
( 形動 ) [文] ナリ 
に同じ。 「天地の-なるを見る/獺祭書屋俳話 子規

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐かく レウクヮク【寥廓】

〘名〙
① (形動タリ) 広く大きいこと。空漠として広大なこと。また、そのさま。
※秘蔵宝鑰(830頃)下「第七〈略〉夫大虚廓含万象越大気
※管蠡秘言(1777)「空中廖たる処に日輪の運行するの反対也」
② おおぞら。天空。空。
※田氏家集(892頃)下・秋晴「秋陰雨重陽到、寥廓無雲四望晴」 〔司馬相如‐難蜀父老文〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる