コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寥廓 リョウカク

デジタル大辞泉の解説

りょう‐かく〔レウクワク〕【××廓】

[形動][文][ナリ]に同じ。
「―なる天の下、蕭瑟(しょうしつ)なる林の裏(うち)」〈漱石・幻影の盾〉
[ト・タル][文][形動タリ]広々として大きいさま。空虚で広いさま。
「この女の眼に映じた世界は何んなに空漠な、―としたものであろう」〈森田草平煤煙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうかく【寥廓】

( トタル ) [文] 形動タリ 
広々として大きいさま。 「四顧しこ-として、止ただ山水と明月とあるのみ/義血俠血 鏡花
( 形動 ) [文] ナリ 
に同じ。 「天地の-なるを見る/獺祭書屋俳話 子規

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寥廓の関連キーワード獺祭書屋俳話天の下

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android