コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イマ

デジタル大辞泉の解説

いま【今】

[名](副詞的にも用いる)
過去と未来との境になる時。現在。ただいま。
㋐時間の流れをとらえた瞬間。この時。「はちょうど一〇時だ」「は手が離せない」「考えているところだ」
㋑近い過去から近い未来へ継続している現在の時。目下。「は学生です」「も変わらない友情」「桜は花盛りだ」
現代。現今。今の世。「は科学万能の時代だ」「の若者」「はやりのファッション」
ごく近い未来。もうすぐに。やがて。じきに。「終わるから待っていてくれ」「行きます」
ごく近い過去。少し前に。いましがた。さっき。「の人は誰かしら」「帰ったところだ」
さらに。そのうえ。もう。副詞的に用いる。「一度考えてみる」「しばらくの間」「ひとり参ります」
[接頭]主として人を表す名詞に付く。
現在の、当世の、という意を表す。「小町」「浦島」
新しい、という意を表す。「参り」

きん【今】[漢字項目]

こん

こん【今】

[連体]
現在の。いまの。「国会」「世紀」「シーズン」
本日の。きょうの。「夜半」

こん【今】[漢字項目]

[音]コン(呉) キン(漢) [訓]いま
学習漢字]2年
〈コン〉
いま。現在。「今後今昔(こんじゃく)現今古今昨今当今方今
このたび。この。「今回今月今次今春今生(こんじょう)今般今夜
〈キン〉いま。現在。「今上今体古今
〈いま〉「今様只今(ただいま)
[難読]今際(いまわ)今宵(こよい)

ま【今】

[副]《「いま」の音変化》さらに。もう。なお。
「―一度見てから」〈虎明狂・抜殻

むま【今】

いま」に同じ。
「篠塚(しのづか)の―や―やと待ちわびし君はむなしくなりぞしにける」〈大和・七〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いま【今】

[1] ( 名 )
話し手が話をしている時点。過去と未来の間。
過去と未来の境をなす瞬間。 「 -ちょうど九時だ」 「 -だ、それ行け」 「 -のうちに」
の瞬間に非常に近い時。近い過去、また近い未来。 「 -の話は本当か」 「 -行くからちょっと待ってね」
過去または未来に対比させてとらえた、の瞬間を含む時間帯。今日こんにち。このごろ。最近。現代。 「 -の若い者は何を考えているのか」 「 -はよいがあとで困る」 → 今に
[1] ( 副 )
すでにある状況や状態にさらに少し付け加えるさま。さらに。もう。 「 -しばらくお待ち下さい」 「 -一度確かめる」
( 接頭 )
名詞に付いて、最近の、新しい、今度の、の意を表す。 「 -出来」 「 -道心」
固有名詞に付いて、現代の、…の再来、の意を添える。 「 -浦島」 「 -小町」 「 -太閤」 「 -業平なりひら

こん【今】

姓氏の一。

こん【今】

( 連体 )
この。いまの。 「 -学期」 「 -シーズン」
きょうの。 「 -早朝」 「 -夜半」
今回の。この。 「 -国会」 「 -総会」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今の関連キーワードそして誰もいなくなる鳴いた烏がもう笑う末四十より今の三十赤いベベ着せよ…新池埴輪製作遺跡金雀枝荘の殺人よもつひらさか買い時・買時ルームメイト今という今今の今まで今か今か此れから今日唯今今にして今や遅し現カノ今年度昨年度神今食

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今の関連情報