コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今泉千春 いまいずみちはる

2件 の用語解説(今泉千春の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今泉千春
いまいずみちはる

[生]安永4(1775).12.17. 佐賀
[没]天保7(1836).9.19. 佐賀
江戸時代中期の筑紫箏演奏家。佐賀藩士今泉六太夫上綱の子,尚文。幼名林三郎,六郎次。別名庸清,益興,維鷹。伊東全龍について漢学を学び,私塾を開き,立誠堂と号した。文化7 (1810) 年御側役,同 12年祐筆。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今泉千春 いまいずみ-ちはる

1776*-1836 江戸時代後期の歌人。
安永4年12月17日生まれ。肥前佐賀藩士。香川景樹(かげき)の門下で,桂園派の歌風を弟子につたえた。筑紫流箏曲(そうきょく)家の伊東祐之(すけゆき)にまなび,筑紫琴の名手ともつたえられる。天保(てんぽう)7年9月19日死去。62歳。名は尚文,益興。号は琴仙,松響閣(しょうきょうかく)。著作に「松響閣箏話」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の今泉千春の言及

【筑紫箏】より

…一方,1739年(元文4)江戸に下った佐賀藩士村島政方(まさみち)(1702?‐43?)は,〈鎮西楽〉あるいは〈筑紫流〉などとも称して江戸に広め,その門下から,紅葉山楽人といわれる猪崎律斎(いのざきりつさい)などが出,その系統から筑紫箏の詞章本《筑紫流箏唱歌》(1821)を公刊した都筑景一が出た。政方の佐賀における門下の系統は,他系の吸収にもつとめ筑紫箏の復興を図り,今泉千春(1775‐1836)は,それまでの伝承を整理して,《松響閣箏話》などを著した。その子千秋から野田聴松を経て,現代の伝承者へと伝えられたが,村井れい(1887‐1958)の没後は,井上ミナ(1895‐1995)一人が伝承するのみとなってしまった。…

※「今泉千春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今泉千春の関連キーワード村山素行山本嘉之小野重賢賀田秀蔭可亭酒井田柿右衛門(9代)高橋正翁野中儀蜂屋光世吉田元良

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今泉千春の関連情報