コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏独協力条約 ふつどくきょうりょくじょうやく Franco-German Cooperation Treaty

2件 の用語解説(仏独協力条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏独協力条約
ふつどくきょうりょくじょうやく
Franco-German Cooperation Treaty

1963年1月 22日フランスの C.ドゴール大統領と西ドイツの K.アデナウアー首相によりパリで調印された条約。外交,経済,防衛,文化などの面での協力を定めたほか,年2回の定期協議の実施などを規定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏独協力条約
ふつどくきょうりょくじょうやく

1963年1月22日、フランスのドゴール大統領と西ドイツ(現ドイツ)のアデナウアー首相とによりパリで署名締結された条約(同年7月2日発効)。エリゼ宮殿で調印されたので、「エリゼ条約」ともいわれる。その動機として、頭越しにヨーロッパの問題を解決しようとする米ソ二超大国に対する、両者の反発のあったことが指摘されている。この条約でフランス・西ドイツ両国は、政府首脳(年2回)、外務・国防・教育諸閣僚(年4回)、参謀総長(年6回)の定期協議、重要な決定に先だつ外務大臣間協議、情報交換の継続および拡大、発展途上国援助その他重要な経済政策分野での協力、共通の戦略理論の策定、軍の人事交流、装備面での共同作業、青少年の交流などについて定め、密接な協力を約束している。条約署名と同時に出されたアデナウアー・ドゴール声明では、両国間の協力が「統一欧州への不可欠な一歩である」とされているが、1963年2月5日、ソ連は西ドイツ政府あて覚書を送り、仏独協力条約、とくに同条約で規定されている仏独軍事協力がヨーロッパの平和破壊に連なるものであると警告した。[深谷満雄]
 この条約によるフランスとドイツの協力関係の強化は、EU(ヨーロッパ連合)成立の原動力となった。なお、2003年にはパリで仏独協力条約の40周年記念式典が行われた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏独協力条約の関連キーワードシャルルボアピエロンベルクールフラングレフランスソワールマンデスフランスヴィ・ド・フランスデュ=ブスケイル・ド・フランスの急崖ペキネ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone