仕着・為着・四季施(読み)しきせ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 江戸幕府から諸役人に時々の衣服を支給すること。また、その衣服。おしきせ。
※吏徴(1845)上「御同朋頭三人、若年寄支配弐百俵高、御四季施、正月小袖一、上下、代金一両二朱」
② 時候に応じて主人から奉公人へ、または客から遊女などへ衣服を与えること。また、その衣服。おしきせ。しきせもの。
※本光国師日記‐慶長一六年(1611)一一月二六日「内者しきせの小袖布子以下持来」
※其面影(1906)〈二葉亭四迷〉一八「仲働を雇ふとしますと、給金から、年二度の四季施(シキセ)から」
③ (「おしきせ」の形で用いられることが多い) 型どおりに物事が行なわれること。そうするように習慣化していること。また、そのもの。お定まり。
※新撰大阪詞大全(1841)「しきせとは、おぼえたより外に気のきかぬこと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android