付帯税(読み)フタイゼイ

世界大百科事典 第2版の解説

ふたいぜい【付帯税】

租税請求権から副次的に生ずる金銭債権の総称。本来の租税ではない。国税通則法上,延滞税利子税および加算税の3種がある(同法6章)。印紙税法上,過怠税の金額のうち,納付しなかった印紙税の金額を超える部分もまた付帯税である。最広義には,滞納処分費(国税徴収法136条,地方税法14条の3)をも含む(〈国税収納金整理資金に関する法律〉2条参照)。地方税法上,付帯税の表現は用いられないが,講学上延滞金,加算税がそれに含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふたいぜい【付帯税】

国税に付帯して課される租税。延滞税、利子税、加算税、過怠税の四種が規定されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふたい‐ぜい【付帯税】

〘名〙 本税である国税に付帯して課される税の総称。延滞税、利子税、過少申告加算税、無申告加算税、不納付加算税、重加算税など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android