重加算税(読み)じゅうかさんぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重加算税
じゅうかさんぜい

国税における加算税の一つ。過少申告加算税が課される場合(申告書に記載された金額が過少),または不納付加算税が課される場合(正当な理由なく法定納期限までに納付しない)において仮装隠蔽の事実があるときに基礎となる税額に対し 35%の税率で,無申告加算税が課される場合(正当な理由なく申告期限内に申告しない)において仮装隠蔽の事実があるときに基礎となる税額に対し 40%の税率で課される追加課税。仮装隠蔽の例としては,裏帳簿の作成,売り上げの除外,架空仕入れ,架空経費の計上,税務調査での虚偽の答弁,他人名義や架空名義の使用などがあげられる。仮装隠蔽の事実は納税者故意を立証する必要はなく,客観的に判断されるものであれば成立する。過少申告加算税,不納付加算税,無申告加算税に代えて課されるもので,これらと同時に課されることはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

重加算税

納税申告において、課税標準または納付すべき税額の基礎となる事実を隠ぺいまたは仮装し、故意に実際よりも少ない納税額の申告書を提出した場合などに課される税金のこと。 申告税額が過小だった場合は、過少申告加算税に加え、追加納税額の35%が課される。 申告をしなかった場合は、 無申告加算税に加え納税額の40%が課される。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうかさんぜい【重加算税】

過少申告加算税・無申告加算税・不納付加算税が課される場合において、税額の計算などの基礎となる事実に隠蔽いんぺいや仮装があるとき、これらの加算税に代えてより高い割合で課される加算税。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐かさんぜい ヂュウ‥【重加算税】

〘名〙 納税義務者が脱税のため課税標準の基礎となるべき事実の仮装、隠蔽(いんぺい)をはかり、これに基づいて納税申告をした場合に徴収されるもの。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉自由を求めて「やっと納税しても、ヘマをやれば、〈略〉加算税てえやつが、あるんだとサー」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の重加算税の言及

【加算税】より

…(3)不納付加算税は,源泉徴収等による国税が法定納期限までに完納されない場合,源泉徴収義務者に対し課される(10%,67条)。(4)重加算税は,課税標準または税額等の計算の基礎となるべき事実の隠ぺいまたは仮装に基づいて,過少申告・無申告または不納付がなされた場合に,前記(1)~(3)の加算税にかえて課される(過少申告重加算税は35%,無申告重加算税は40%,不納付重加算税は35%。68条)。…

※「重加算税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重加算税の関連情報