コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重加算税 じゅうかさんぜい

4件 の用語解説(重加算税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重加算税
じゅうかさんぜい

国税における加算税の一つ。過少申告加算税が課される場合(申告書に記載された金額が過少),または不納付加算税が課される場合(正当な理由なく法定納期限までに納付しない)において仮装隠蔽の事実があるときに基礎となる税額に対し 35%の税率で,無申告加算税が課される場合(正当な理由なく申告期限内に申告しない)において仮装隠蔽の事実があるときに基礎となる税額に対し 40%の税率で課される追加課税。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐かさんぜい〔ヂユウ‐〕【重加算税】

国税における加算税の一。納税者が課税標準や税額の計算の基礎となるべき事実を隠したり偽ったりして納税申告をした場合に課される税。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

重加算税

納税申告において、課税標準または納付すべき税額の基礎となる事実を隠ぺいまたは仮装し、故意に実際よりも少ない納税額の申告書を提出した場合などに課される税金のこと。 申告税額が過小だった場合は、過少申告加算税に加え、追加納税額の35%が課される。 申告をしなかった場合は、 無申告加算税に加え納税額の40%が課される。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうかさんぜい【重加算税】

過少申告加算税・無申告加算税・不納付加算税が課される場合において、税額の計算などの基礎となる事実に隠蔽いんぺいや仮装があるとき、これらの加算税に代えてより高い割合で課される加算税。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の重加算税の言及

【加算税】より

…(3)不納付加算税は,源泉徴収等による国税が法定納期限までに完納されない場合,源泉徴収義務者に対し課される(10%,67条)。(4)重加算税は,課税標準または税額等の計算の基礎となるべき事実の隠ぺいまたは仮装に基づいて,過少申告・無申告または不納付がなされた場合に,前記(1)~(3)の加算税にかえて課される(過少申告重加算税は35%,無申告重加算税は40%,不納付重加算税は35%。68条)。…

※「重加算税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重加算税の関連情報