コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙ノ倉山 せんノくらやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仙ノ倉山
せんノくらやま

群馬県北部のみなかみ町新潟県南東部の湯沢町の境,三国山脈の中央部にある山。標高 2026m。三国山脈縦走路にあたり,山頂からの眺望がよい。山頂部はチシマザサに覆われ,北斜面はハイマツなどの低木林をなし,西の平標山 (たいらっぴょうやま。 1984m) に続く「大だるみ」と呼ばれる高原状の鞍部には高山植物が豊富。上信越高原国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仙ノ倉山
せんのくらやま

群馬・新潟両県の県境にある山。三国(みくに)山脈の谷川連峰中の一高峰で、標高2026メートル。南斜面はクマザサの群落と岩場で樹木がなく、北斜面はコケが多くハイマツやシャクナゲの低木が群生し、尾根を境に気候差が植物相に現れている。登山道は三国峠からと新潟県元橋(もとはし)(湯沢町)からの二つが一般的で、両者は平標(たいらっぴょう)山で合し、東進して仙ノ倉山に至り、さらに東進して谷川岳に行くことができる。山頂からの眺望がよい。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の仙ノ倉山の言及

【谷川岳】より

…清水峠(1448m)からほぼ南にのびてきた上越国境をなす稜線が,直角に向きを変えて西に転ずる場所に位置する。北側にある武能(ぶのう)岳(1760m),茂倉(しげくら)岳(1978m),一ノ倉岳(1974m),西側にある万太郎山(1954m),仙ノ倉山(2026m),平標(たいらつぴよう)山(1984m)など,清水峠と三国峠との間にある山々を含めて谷川連峰と総称する。谷川岳周辺は山稜の非対称性が顕著で,魚野川の源流部をなす新潟県側の西および北斜面が比較的ゆるやかなのに比べ,群馬県側の湯檜曾(ゆびそ)川の支流が刻む東斜面や,谷川の源流部をなす南斜面には急な岩壁が続いている。…

※「仙ノ倉山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仙ノ倉山の関連キーワード谷川岳・谷川嶽赤谷川谷川岳

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android