みなかみ町(読み)みなかみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

みなかみ〔町〕
みなかみ

群馬県北部,利根川上流域を占める町。北部,西部で広く新潟県に接する。 2005年月夜野町,水上町,新治村の2町1村が合体し,みなかみ町となる。南東部の利根川と赤谷川の合流点付近は江戸時代に三国街道の宿場町として繁栄。水上温泉郷一帯は 1931年上越線の開通で急速に発展し,ホテルや旅館などの宿泊施設が多く,温泉,登山,スキーと四季を通じて観光・レジャー客でにぎわう。農村部では養蚕のほか,リンゴ,シイタケ,コンニャクなどの栽培が盛ん。水上温泉郷ほか,三国温泉郷で知られる湯宿温泉猿ヶ京温泉などの温泉地や,谷川岳仙ノ倉山など新潟県境にそびえる山々は上信越高原国立公園に属する。重要な電源地帯で,利根川上流部には矢木沢ダム,須田貝ダム,藤原ダム,奈良俣ダムの4ダム,および奥利根湖,洞元湖,藤原湖のいわゆる奥利根三湖と,ならまた湖がある。国指定史跡の矢瀬遺跡水上石器時代住居跡,国指定重要文化財の旧戸部家住宅がある。上越新幹線,JR上越線,国道 17号線,291号線が通る。面積 781.08km2。人口 1万9347(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

みなかみ町の関連情報