コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台・松前道 せんだいまつまえどう

百科事典マイペディアの解説

仙台・松前道【せんだいまつまえどう】

奥州道中白河宿から箱館(函館)に至る近世の脇往還。奥州街道とも称された。道筋は白河から北上し,福島−仙台−盛岡−野辺地(のへじ)−青森−三厩(みんまや)に至り,渡海して松前−箱館に達するが,区間や宿駅数には諸説がある。寛政期(1789年−1801年)以降,幕府役人の通行量が増加し,宿駅制や休泊施設の整備が進められた。
→関連項目福島藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

仙台・松前道の関連キーワード安達(福島県)蓬田[村]白石[市]羽州街道街道一戸

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android