以内(読み)いない

精選版 日本国語大辞典「以内」の解説

い‐ない【以内】

〘名〙
① ある範囲の内側。⇔以外
※改正増補和英語林集成(1886)「コレヨリ inai(イナイ) イルベカラズ」
② (時間、距離、その他数量や順位を表わす語について) ある基準を含んで、それよりも数量の少ない範囲。基準になるものを含めないでいう場合もある。
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一〇「隣りも後ろも一尺五寸以内に生きた人間が居て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「以内」の解説

い‐ない【以内】

ある範囲の内側。「境界線以内」⇔以外
時間・距離・数量・順位などで、ある基準を含んでそれよりも小さい範囲。「一〇日以内には帰る」「一万円以内の買物」
以下[用法]
[類語]以上以下以外未満

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android