俊屋桂彦(読み)しゅんおく けいげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

俊屋桂彦 しゅんおく-けいげん

1444-1539 室町-戦国時代の僧。
文安元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。はじめ天台をまなぶ。のち下野(しもつけ)(栃木県)長安寺の玖峰長玄(きゅうほう-ちょうげん),甲斐(かい)(山梨県)広厳院の自山得吾(じさん-とくご)に師事し,得吾の法をつぐ。大永(たいえい)2年(1522)広厳院の住持となった。天文(てんぶん)8年1月25日死去。96歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。俗姓は藤原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android