コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俊屋桂彦 しゅんおく けいげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

俊屋桂彦 しゅんおく-けいげん

1444-1539 室町-戦国時代の僧。
文安元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。はじめ天台をまなぶ。のち下野(しもつけ)(栃木県)長安寺の玖峰長玄(きゅうほう-ちょうげん),甲斐(かい)(山梨県)広厳院の自山得吾(じさん-とくご)に師事し,得吾の法をつぐ。大永(たいえい)2年(1522)広厳院の住持となった。天文(てんぶん)8年1月25日死去。96歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。俗姓は藤原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

俊屋桂彦の関連キーワード戦国時代以船文済

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android