仮葬(読み)かりそう

精選版 日本国語大辞典「仮葬」の解説

かり‐そう ‥サウ【仮葬】

〘名〙 に行なう葬式。⇔本葬
※歌舞伎・日月星享和政談(延命院)(1878)大切「連雀町の質屋の隠居が、昨夜(ゆふべ)死んで今夜仮(カリサウ)、焼場からの帰りがけだ」

か‐そう ‥サウ【仮葬】

〘名〙 正式の葬儀をしないで、仮に葬ること。⇔本葬
※監獄法(明治四一年)(1908)七三条「在監者死亡したるときは之を仮葬す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android