弔い(読み)トブライ

デジタル大辞泉の解説

とぶらい〔とぶらひ〕【弔い】

とむらい」に同じ。
「間もなくこっそり―も済みたるに」〈蘆花自然と人生

とむらい〔とむらひ〕【弔い】

《「とぶらい」の音変化》
人の死を悲しみ、遺族を慰めること。くやみ。弔問。「弔いの言葉を述べる」
葬式。野辺の送り。「弔いを出す」
死者の霊を慰めること。法事。追福。追善。「七年忌の弔い

ともらい〔ともらひ〕【弔い】

とむらい」の音変化。
「法蔵寺様へでも願って―を致したいと存じます」〈円朝真景累ヶ淵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とぶらい【弔い】

〔「とぶらう(弔)」の連用形から。「とむらい(弔)」の古形〕
とむらい」に同じ。 「 -を出す」

とむらい【弔い】

〔古くは「とぶらい」〕
人の死を悲しみ、哀悼の気持ちを表すこと。くやみ。 「 -の言葉を述べる」
葬式。 「お-に参列する」
追善。追福。供養。 「犯人の逮捕が何よりの-になる」

ともらい【弔い】

〔「とむらい」の転〕
葬儀。葬式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弔いの関連情報