コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弔い トブライ

デジタル大辞泉の解説

とぶらい〔とぶらひ〕【弔い】

とむらい」に同じ。
「間もなくこっそり―も済みたるに」〈蘆花自然と人生

とむらい〔とむらひ〕【弔い】

《「とぶらい」の音変化》
人の死を悲しみ、遺族を慰めること。くやみ。弔問。「弔いの言葉を述べる」
葬式。野辺の送り。「弔いを出す」
死者の霊を慰めること。法事。追福。追善。「七年忌の弔い

ともらい〔ともらひ〕【弔い】

とむらい」の音変化。
「法蔵寺様へでも願って―を致したいと存じます」〈円朝真景累ヶ淵

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とぶらい【弔い】

〔「とぶらう(弔)」の連用形から。「とむらい(弔)」の古形〕
とむらい 」に同じ。 「 -を出す」

とむらい【弔い】

〔古くは「とぶらい」〕
人の死を悲しみ、哀悼の気持ちを表すこと。くやみ。 「 -の言葉を述べる」
葬式。 「お-に参列する」
追善。追福。供養。 「犯人の逮捕が何よりの-になる」

ともらい【弔い】

〔「とむらい」の転〕
葬儀。葬式。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弔いの関連キーワードカザンラックのトラキア人の墳墓五木村の太鼓踊り(御)玉串料味耜高彦根神玉鬘・玉葛(御)榊料采女(能)震災記念日佐奈田義忠家の祭り米盛淳子住吉正博宝暦治水阿古屋松庄司永建弔い上げ連用形上田宏建部氏弔慰金

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弔いの関連情報