コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

任ずる ニンズル

デジタル大辞泉の解説

にん・ずる【任ずる】

[動サ変][文]にん・ず[サ変]
官職を与える。その役に就かせる。「大使に―・ぜられる」
自分の責任・任務とする。「国政に―・ずる」
自分がその任務・責任を果たすことができるという自信を持つ。自任する。「芸術家をもって―・じている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にんずる【任ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 にん・ず
ある職務・役目につかせる。 「事務次官に-・ずる」
引き受けて、自分の任務、または責任とする。 「会長の責めに-・ずる」
その資格をもった者であると自ら思い込む。自任する。 「役者をもって自ら-・じている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

任ずるの関連キーワード首を挿げ替える奉膳・内膳正山田宇右衛門官位相当制相馬 永胤任く・罷く森河章尹自由任用祭の除目孔尚任都察院周仏海郷里制陸援隊浪人会除する内供奉任じる補任状大臣召

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

任ずるの関連情報