コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予奉書 イヨホウショ

3件 の用語解説(伊予奉書の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いよ‐ほうしょ【×伊予奉書】

伊予国で作られた奉書紙主として浮世絵・扇などに用いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いよほうしょ【伊予奉書】

伊予国で産した奉書紙。浮世絵の扇の地紙に用いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊予奉書
いよほうしょ

伊予国(愛媛県)で漉(す)かれた奉書紙。伊予国は古くから紙の産地として『延喜式(えんぎしき)』にも名を連ねている。天保(てんぽう)年間(1830~44)に、周桑(しゅうそう)郡国安村(現、西条(さいじょう)市国安)の篤農家田中佐平が土佐で製紙技術を習得したのち、帰村して奉書を漉いたのが始まりである。それが広まって、伊予奉書の名で有名になった。伊予柾紙(まさがみ)(柾目紙)とは同質で、浮世絵や扇の地紙などにも用いられた。コウゾ(楮)を原料とし、米の粉を混ぜて漉き上げるが、近年は木材パルプを使用することが多くなり、往年の和紙の風格が失われてきている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊予奉書の関連キーワード色奉書絵奉書大奉書小奉書奉書足袋奉書包み奉書紬紋奉書伊予柾紙伊予蝋

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone