コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊地知彦次郎 いじち ひこじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊地知彦次郎 いじち-ひこじろう

1860*-1912 明治時代の軍人。
安政6年12月13日生まれ。イタリア公使館付武官をつとめ,日清(にっしん)戦争には威海衛海戦に参加。日露戦争では旗艦三笠艦長をつとめた。明治43年海軍中将。明治45年1月3日死去。54歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。海軍兵学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊地知彦次郎

没年:明治45.1.4(1912)
生年:安政6.12.14(1860.1.6)
明治期の海軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士伊地知季連の長男。明治7(1874)年海軍兵学寮に入学。海軍独自の教育機関で養成された最初の世代であり,同期にはのちの首相加藤友三郎,元帥島村速雄らがいた。航海術を得意とし,連合艦隊旗艦「三笠」艦長として日露戦争(1904~05)に出征,日本海海戦東郷平八郎の指揮のもとバルチック艦隊を対馬沖に撃破した。戦後は海軍省教育本部第1部長として砲術,水雷戦術の改良に尽力し,海軍の技術革新に寄与した。43年中将。

(山崎有恒)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

伊地知彦次郎の関連キーワード明治時代軍人没年

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android