コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤正己 いとうまさみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤正己
いとうまさみ

[生]1919.9.21. 兵庫,明石
[没]2010.12.27. 東京
英米法学者,憲法学者,最高裁判所判事。1943年東京帝国大学法学部を卒業,その後特別研究生となり,当時は敵国であったイギリス,アメリカ合衆国の法律の研究を続けた。第2次世界大戦後の 1948年東京大学助教授となり,1954年からアメリカのハーバード大学,スタンフォード大学に留学,帰国後の 1957年に東大教授に就任し,新憲法のもとでのさまざまな制度改革に関する研究を行なった。1959年に発表した『言論・出版の自由――その制約と違憲審査の基準』は高く評価され,日本学士院賞を受賞。1980~89年最高裁判所裁判官を務め,言論表現の自由に関する主要な憲法裁判にかかわった。信教の自由,政教分離の原則が問題となった「自衛官合祀訴訟」の大法廷判決(1988)では,合憲判決にただ一人反対意見を表明するなど,独自の立場から卓越した意見を述べた。1994年文化功労者に選ばれ,1999年文化勲章を受章した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤正己 いとう-まさみ

1919-2010 昭和後期-平成時代の法学者,裁判官。
大正8年9月21日生まれ。英米法を専攻し,昭和32年東大教授。憲法裁判や言論の自由を研究し,「言論・出版の自由」で35年学士院賞。公労委委員もつとめ,55年最高裁判事。平成11年文化勲章。平成22年12月27日死去。91歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作はほかに「プライバシーの権利」「憲法入門」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤正己の関連キーワードビノグラドフ(Sir Paul Gavrilovich Vinogradoff)スタンフォード大学アメリカ合衆国法(社会規範)ハーバード大学法における常識最高裁判所判事プライバシー日本学士院賞違憲審査議会主権言論統制出版法新憲法敵国

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android