コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆箱根の本地 いずはこねのほんじ

世界大百科事典 第2版の解説

いずはこねのほんじ【伊豆箱根の本地】

室町時代の物語。作者不詳。天竺斯羅奈(しらな)国の大臣源中将尹統は観音に祈って常在御前を授かるが,姫の母はやがて病死。継母に霊鷲(りようじゆ)御前が生まれると,姫は離島へ追放され,土楼への監禁などさまざまな虐待を受ける。しかし神仏や妹の霊鷲御前の助けで危機を脱出。姉妹は波羅奈(はらな)国の王子の兄弟の妃となって移住する。のちに父とも再会し日本に渡り,箱根,伊豆の神となった。本地物継子いじめ譚の一種。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊豆箱根の本地
いずはこねのほんじ

本地物語。継子譚(ままこたん)。中将尹統(これのり)の観音の申し子である常在(じょうざい)御前は、父の留守中つねに継母に虐待され、ついに旦特山(たんとくさん)の穴に落とされ、異母妹とともに波羅奈(はらな)国の王子兄弟に救われ、それぞれが結婚して、父とともに箱根三所権現(ごんげん)、伊豆権現として現ずるという筋(すじ)。『神道集』巻2にあって、その継子譚の原型は、昔話「お銀小銀」型に一致する。彰考館本および万法寺本『曽我(そが)物語』、舞の本・古浄瑠璃(じょうるり)の『小袖(こそで)曽我』も、この本縁の物語を挿話として取り入れている。継子の姉妹とも、うつぼ舟で日本に漂着する点、同じ継子いじめでも、昔話より単純化していることになる。[渡邊昭五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊豆箱根の本地の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android