コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆長岡温泉 いずながおかおんせん

5件 の用語解説(伊豆長岡温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊豆長岡温泉
いずながおかおんせん

静岡県東部,伊豆半島北部,伊豆の国市西部の狩野川に沿う田園地帯にある温泉。泉質は単純泉。泉温は 48~56℃。源氏山を挟んで東側に古奈,西側に長岡温泉があり,連続して温泉町を形成している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

伊豆長岡温泉

静岡県伊豆の国市の旧伊豆長岡町地区にある温泉地。泉質はアルカリ性単純温泉。神経痛、胃腸病などに効果があるとされる。約1300年前の開湯と伝えられる歴史ある温泉地。高度成長期には歓楽街としても栄えた。地域団体商標

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いずながおかおんせん【伊豆長岡温泉】

静岡県東部、伊豆半島北部、狩野川西岸にある単純泉。古くからの古奈温泉と1907年(明治40)湧出の長岡温泉からなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕伊豆長岡温泉(いずながおかおんせん)


静岡県伊豆の国市、狩野(かの)川西岸にわく行楽向きの温泉。源氏山(げんじやま)丘陵を挟み、歴史の古い東の古奈(こな)温泉と明治末期に開湯した西の長岡温泉を合わせていう。北伊豆の観光拠点。源氏山は源氏の武将ゆかりの古刹(こさつ)が点在する歴史の散策路。南西約2kmの葛城(かつらぎ)山(標高452m)は富士の秀峰を望む展望台で、温泉街の南はずれからロープウエーが通じる。ナトリウム‐硫酸塩・塩化物泉。泉温71.1℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊豆長岡温泉
いずながおかおんせん

静岡県東部、伊豆の国市にある温泉。源氏山東麓(とうろく)の古奈(こな)温泉と西麓の長岡温泉の総称。古奈温泉は鎌倉時代から知られ『吾妻鏡(あづまかがみ)』にも現れる名湯。長岡温泉は1907年(明治40)湧出(ゆうしゅつ)の歓楽色濃い温泉。泉質はともに無色透明の単純温泉。JR東海道本線の三島駅から伊豆箱根鉄道で伊豆長岡駅下車、バス10分。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊豆長岡温泉の関連キーワード静岡県伊豆の国市小坂静岡県伊豆の国市神島静岡県伊豆の国市古奈静岡県伊豆の国市寺家静岡県伊豆の国市田京静岡県伊豆の国市中静岡県伊豆の国市長岡静岡県伊豆の国市奈古谷静岡県伊豆の国市墹之上静岡県伊豆の国市吉田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊豆長岡温泉の関連情報