コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国市 くにいち

世界大百科事典 第2版の解説

くにいち【国市】

中世,一国あるいは一地域内の商品交換において中心的,基準的な機能・役割をもっていた市,あるいは地方の市の意。鎌倉時代以降商品貨幣経済の発展につれて全国的に定期市が開かれるようになったが,一国内あるいは一定地域内に成立した多くの定期市は,それぞれの地方のもっとも中心的な市の市日を基準にして開催日が決められたり,市での価格も中心市の価格に準じて決定される傾向が強まっていた。こうした一国あるいは一定地域内の定期市網のなかでの中心的な市が国市,親市とよばれ,一の日に開かれるものがあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国市の言及

【市】より

…また〈おふさの市〉〈餝磨市〉〈飛鳥の市〉などははじめて見えるもので,各地に新たな市が増えていることがうかがえる。市司国市東市・西市【栄原 永遠男】
[中世]
 平安京の東西市は,鎌倉期に入ると西市が消滅し,東市のみが残存,皇子女の五十日祝(いかのいわい)の祝餅などが買われている。京都の商業は,三条町,四条町,七条町などの町通り(現在の新町)の店舗商業を中心とするようになった。…

※「国市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

国市の関連キーワード静岡県伊豆の国市エメラルドタウン静岡県伊豆の国市韮山土手和田静岡県伊豆の国市韮山金谷静岡県伊豆の国市韮山韮山静岡県伊豆の国市韮山多田静岡県伊豆の国市韮山山木静岡県伊豆の国市小松ケ原静岡県伊豆の国市田原野静岡県伊豆の国市長者原静岡県伊豆の国市南江間静岡県伊豆の国市田中山静岡県伊豆の国市墹之上静岡県伊豆の国市白山堂静岡県伊豆の国市立花台静岡県伊豆の国市宗光寺静岡県伊豆の国市奈古谷静岡県伊豆の国市北江間静岡県伊豆の国市富士見静岡県伊豆の国市神島静岡県伊豆の国市長岡

国市の関連情報