伊賀光長(読み)いが みつなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊賀光長 いが-みつなが

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
伊賀光宗(みつむね)の玄孫。陸奥(むつ)磐城(いわき)郡(福島県)好嶋西荘(よしまにしのしょう)の預所(あずかりどころ)伊賀頼泰(よりやす)の子。北畠顕家(あきいえ)に属し,京都三条河原で足利尊氏軍とたたかい,子兼長(かねなが)とともに,建武(けんむ)3年1月戦死した。通称は四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android