コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位置角 イチカク

デジタル大辞泉の解説

いち‐かく〔ヰチ‐〕【位置角】

天球上の二点の位置関係を表す角。ある点と天の北極とを結ぶ線を基準とし、他の点を東回り反時計回り)に測った角度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

位置角【いちかく】

ある天体中心原点としたときに他の天体の中心の方向を示す角度。原点の北の方向を基準にとって0度とし,東回りで表す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いちかく【位置角 position angle】

ある天体の中心を原点にとって,他の天体の中心の方向を示す角度である。角度の測り方は通常原点の北の方向を基準にとって0度とし,東を90度,南を180度,西を270度とする東回りを使う。二重星の場合,主星が原点になり伴星の方向を示すときに使われる。日食の場合には原点が太陽の中心で,他の天体の中心は月となり,月食の場合はその逆になる。日食や月食の場合,欠ける方向の位置角を北極基準位置角(北極方向角)と呼び,角度を測る原方向を天頂にとったものを天頂基準位置角(天頂方向角)と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いちかく【位置角】

天球上で、ある天体からもうひとつの天体に至る方角を表す角度。通常は、二つの天体を結ぶ大円と、基準にする方の天体と天の北極とを結ぶ大円とがなす角度で示され、天の北極の方向から東回りに測る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

位置角の関連キーワードサンティレールの法則プロキオンシリウスカペラ重星大円

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

位置角の関連情報