低体温麻酔(読み)ていたいおんますい

百科事典マイペディア「低体温麻酔」の解説

低体温麻酔【ていたいおんますい】

低体温法冬眠療法とも。人体を冷却し体温を下げることにより,組織の代謝・酸素消費を低下させること。手術に際し血液循環を遮断(しゃだん)しなければならない心臓外科脳外科でおもに用いられる。恒温動物では生理的機能を保ったまま体温を低下させることはできないので,全身麻酔薬,自律神経遮断薬,筋弛緩(しかん)薬などの投与後に冷却する。生体を直接冷水などで冷却する方法と人工心肺で血液を冷却する方法があり,前者は30℃前後の低体温法に使われ,後者はより低温のいわゆる超低体温法に使用される。
→関連項目基礎代謝人工冬眠心臓移植麻酔

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android