コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低体温麻酔 ていたいおんますい

2件 の用語解説(低体温麻酔の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

低体温麻酔【ていたいおんますい】

低体温法,冬眠療法とも。人体を冷却し体温を下げることにより,組織の代謝・酸素消費を低下させること。手術に際し血液循環を遮断(しゃだん)しなければならない心臓外科脳外科でおもに用いられる。
→関連項目基礎代謝人工冬眠心臓移植麻酔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低体温麻酔
ていたいおんますい

低体温法」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

低体温麻酔の関連キーワード低体温法脳低体温療法低温麻酔基礎体温計婦人体温計低体温人工冬眠低体温麻酔法婦人体温低体温症 (hypothermia)