コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低体温麻酔 ていたいおんますい

百科事典マイペディアの解説

低体温麻酔【ていたいおんますい】

低体温法,冬眠療法とも。人体を冷却し体温を下げることにより,組織の代謝・酸素消費を低下させること。手術に際し血液循環を遮断(しゃだん)しなければならない心臓外科脳外科でおもに用いられる。
→関連項目基礎代謝人工冬眠心臓移植麻酔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低体温麻酔
ていたいおんますい

低体温法」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

低体温麻酔の関連キーワード人工心肺

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android