住友信託銀行(読み)すみともしんたくぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住友信託銀行
すみともしんたくぎんこう

信託銀行。1925年住友信託設立。信託業および担保付社債信託業を開始。1948年富士信託銀行と改称,同時に普通銀行業務を兼営,1949年日本初の転換社債受託,1951年以降証券投資信託を受託し始めた。1952年には貸付信託の募集を開始,また社名を住友信託銀行に変更。1955年以降銀行業務が飛躍的に拡大した。1984年に日本初の土地信託を受託。2011年に設立された三井住友トラスト・ホールディングス傘下に入り,2012年中央三井信託銀行中央三井アセット信託銀行と合併して三井住友信託銀行となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住友信託銀行の関連情報