佐々木哲蔵(読み)ささき てつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木哲蔵 ささき-てつぞう

1906-1994 昭和-平成時代の裁判官,弁護士。
明治39年5月15日生まれ。満州(中国東北部)の新京高等法院審判官などを歴任昭和23年帰国し大阪地裁に復職。吹田(すいた)騒擾(そうじょう)事件の裁判長をつとめ,28年法廷で被告の黙祷・拍手を制止しなかったことを問題にされる。33年弁護士に転じ,八海(やかい)事件弁護団長,狭山事件再審請求弁護団長などをつとめた。平成6年5月25日死去。88歳。宮城県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android