コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木市蔵(初代) ささき いちぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木市蔵(初代) ささき-いちぞう

?-1768 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
初代鳥羽屋(とばや)三右衛門の弟子で江戸節の三味線方であったが,宮古路豊後掾(みやこじ-ぶんごのじょう)の相方をつとめ,のち常磐津(ときわず)節の創始者初代常磐津文字太夫(もじたゆう)の立(たて)三味線をつとめた。明和5年2月死去。初名は梅津(都)見馬。前名は初代佐々木幸八。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木市蔵(初代)

没年:明和5.2(1768)
生年:生年不詳
江戸中期の常磐津節の三味線方。初名梅津(都)見馬,前名初代佐々木幸八。鳥羽屋三右衛門の門下で,はじめ河東節の三味線方であったが,享保19(1734)年宮古路豊後掾の再東下に際し,幸八を名乗って相方となった。豊後掾の帰京後は宮古路文字太夫(のち初代常磐津文字太夫)の三味線方となり,常磐津節成立と同時に市蔵となって初代文字太夫をもり立て,常磐津節発展に功を尽くした。「道成寺道行」の最初である「駒鳥恋関札」をはじめ,市蔵の没年までは,初代文字太夫の語った浄瑠璃の三味線手付はこの人によるものであった。<参考文献>竹内道敬・根岸正海『竹内道敬寄託文庫目録(その1)宮古路節』

(安田文吉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

佐々木市蔵(初代)の関連キーワード常磐津文字太夫(1世)鳥羽屋里長(3代)佐々木市蔵(2代)佐々木幸八(初代)佐々木幸八(2代)岸沢式佐(初代)佐々木市四郎佐々木古流岸沢式佐蜘蛛の糸老松

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android