コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木池庵 ささき ちあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木池庵 ささき-ちあん

1650-1722 江戸時代前期-中期の書家。
慶安3年8月27日生まれ。江戸の人。幕府につかえ,弟文山とともに唐様(からよう),朝鮮系の書体で知られた。天和(てんな)2年,正徳(しょうとく)元年,享保(きょうほう)4年に来日した朝鮮通信使の一行と詩文をやりとりした。享保7年2月22日死去。73歳。名は玄竜。字(あざな)は煥甫。通称は万次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

佐々木池庵 (ささきちあん)

生年月日:1650年8月27日
江戸時代中期の書家
1723年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

佐々木池庵の関連キーワード佐々木文山生年月日

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android