コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間信辰 さくま のぶとき

1件 の用語解説(佐久間信辰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間信辰 さくま-のぶとき

1538-1600* 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)7年生まれ。佐久間信晴の次男。佐久間信盛の弟。織田信長につかえ,桶狭間(おけはざま)の戦いでは尾張(おわり)(愛知県)善照寺山を,小牧・長久手(ながくて)の戦いでは織田信雄の部将として尾張蟹江(かにえ)城をまもる。のち徳川家康につかえ,上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)城の留守居をつとめた。慶長4年11月23日死去。62歳。別名に信直。通称は左京亮。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐久間信辰の関連キーワードシェール・シャー足利義明足利義明佐渡国安国寺恵瓊加納城加納城跡里見氏0 SIMル・ナン[兄弟]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone