コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐和山藩 さわやまはん

2件 の用語解説(佐和山藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐和山藩
さわやまはん

江戸時代初期,近江国 (滋賀県) 犬上郡彦根地方を領有した藩。慶長6 (1601) 年,石田三成の除封のあとに井伊直政が 18万石で入封。その子直勝の代に彦根に築城して移り,以後は彦根藩を称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐和山藩
さわやまはん

近江(おうみ)国犬上郡佐和山城(滋賀県彦根(ひこね)市)を拠点とした近世初期の藩。戦国末期には京極(きょうごく)氏の家臣磯野員昌(いそのかずまさ)が入っていた。1572年(元亀3)織田信長の所領となり丹羽長秀(にわながひで)が封ぜられた。1583年(天正11)堀秀政(ほりひでまさ)、90年堀尾吉晴(よしはる)が相次いで入り、ついで95年(文禄4)石田三成(みつなり)が入り19万4000石を領有したが、1600年(慶長5)関ヶ原の戦いで敗れた。翌年徳川家康四天王の一人、井伊直政(いいなおまさ)が封ぜられ15万石を領有した。1602年直政は病死し、嫡子直勝が封を継ぎ、04年彦根山に新城を築いて移り佐和山藩は廃止された。佐和山は、琵琶(びわ)湖と東山道(とうさんどう)そして北陸への交通の要衝に位置し、戦国時代より軍事的拠点として有力部将が配置された。[藤田恒春]
『『彦根市史』全3巻(1960~64・彦根市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐和山藩の関連キーワード滋賀県犬上郡甲良町尼子滋賀県犬上郡多賀町一円滋賀県犬上郡滋賀県犬上郡多賀町河内滋賀県犬上郡豊郷町沢滋賀県犬上郡多賀町四手滋賀県犬上郡豊郷町下枝滋賀県犬上郡多賀町多賀滋賀県犬上郡多賀町壺滋賀県犬上郡豊郷町八目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone