コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐和山藩 さわやまはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐和山藩
さわやまはん

江戸時代初期,近江国 (滋賀県) 犬上郡彦根地方を領有した藩。慶長6 (1601) 年,石田三成除封のあとに井伊直政が 18万石で入封。その子直勝の代に彦根に築城して移り,以後は彦根藩を称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐和山藩
さわやまはん

近江(おうみ)国犬上郡佐和山城(滋賀県彦根(ひこね)市)を拠点とした近世初期の藩。戦国末期には京極(きょうごく)氏の家臣磯野員昌(いそのかずまさ)が入っていた。1572年(元亀3)織田信長の所領となり丹羽長秀(にわながひで)が封ぜられた。1583年(天正11)堀秀政(ほりひでまさ)、90年堀尾吉晴(よしはる)が相次いで入り、ついで95年(文禄4)石田三成(みつなり)が入り19万4000石を領有したが、1600年(慶長5)関ヶ原の戦いで敗れた。翌年徳川家康四天王の一人、井伊直政(いいなおまさ)が封ぜられ15万石を領有した。1602年直政は病死し、嫡子直勝が封を継ぎ、04年彦根山に新城を築いて移り佐和山藩は廃止された。佐和山は、琵琶(びわ)湖と東山道(とうさんどう)そして北陸への交通の要衝に位置し、戦国時代より軍事的拠点として有力部将が配置された。[藤田恒春]
『『彦根市史』全3巻(1960~64・彦根市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

佐和山藩の関連キーワード井伊谷城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android