コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義久 さたけ よしひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義久 さたけ-よしひさ

1554-1601 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)23年生まれ。佐竹義堅(よしかた)の次男。佐竹氏の一族佐竹東(ひがし)家をつぐ。佐竹義重(よししげ)・義宣(よしのぶ)の重臣。豊臣秀吉に信任され,常陸(ひたち)(茨城県)鹿島郡,真壁郡で6万石を領した。東義久ともいう。慶長6年11月28日死去。48歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐竹義久の関連キーワードセナパティリベイロ(Bernardim Ribeiro)本多康重吉原エレラ・イ・トルデシリャスエセックス伯救貧法マタラム・イスラムミハイ[勇敢公]西高木家陣屋

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android