コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義宣(2) さたけ よしのぶ

1件 の用語解説(佐竹義宣(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義宣(2) さたけ-よしのぶ

1570-1633 織豊-江戸時代前期の大名。
元亀(げんき)元年7月16日生まれ。佐竹義重の長男。天正(てんしょう)17年家督をつぎ,18年小田原攻めに参陣。豊臣秀吉に信任されて常陸(ひたち)(茨城県)一円を制圧し,水戸城を拠点に文禄(ぶんろく)3年54万石余を領する。関ケ原の戦いで東軍に味方しなかったため,慶長7年転封を命じられ,出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩主佐竹家初代(20万石)となる。茶道に通じ,遺言で殉死を禁じた。寛永10年1月25日死去。64歳。通称は次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐竹義宣(2)の関連キーワード猪苗代兼与阿部忠吉有節瑞保国包(3代)順専正玄正山雪林等木古田斎宮(初代)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone