コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中浦ジュリアン なかうらジュリアン

7件 の用語解説(中浦ジュリアンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中浦ジュリアン
なかうらジュリアン

[生]永禄11(1568).肥前
[没]寛永10(1633).10.21. 長崎
安土桃山時代天正遣欧使節の一員。武家の子。通称ジングロー。有馬セミナリオ (神学校) に学んだ。天正 10 (1582) 年遣欧使節の一員としてローマに派遣され,同 18年帰国。同 19年イエズス会士となり,のち司祭として迫害下の九州各地に布教。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中浦ジュリアン

天正遣欧使節4少年の1人。1582年、長崎を出港し、ポルトガルスペインを経て、1585年に当時のローマ法王グレゴリオ13世に謁見。1590年に帰国した。17世紀、幕府がキリシタンへの弾圧を強めると、神父として潜伏しながら布教を続けた。福岡・小倉で捕らえられ、改宗を拒んだため、1633年に長崎で逆さづりの刑を受けて殉教。法王庁は11月の列福式で、幕府の弾圧で殉教した中浦を含む日本人信徒188人を「聖者」に次ぐ崇敬の対象である「福者」に加える。

(2008-10-16 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかうら‐ジュリアン【中浦ジュリアン】

[1568~1633]安土桃山時代の天正遣欧使節の副使。肥前の人。天正10年(1582)渡欧し、ローマ教皇に謁見。帰国後、イエズス会司祭となり布教につとめたが、長崎で殉教。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中浦ジュリアン なかうら-ジュリアン

1570-1633 織豊-江戸時代前期のキリシタン。
元亀(げんき)元年生まれ。天正(てんしょう)10年天正遣欧使節伊東マンショ,千々石(ちぢわ)ミゲルの副使としてローマにいく。帰国後イエズス会にはいり,司祭となる。禁教後の寛永9年捕らえられ,10年9月19日穴吊りの刑で殉教した。64歳。肥前彼杵(そのき)郡(長崎県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中浦ジュリアン

没年:寛永10.9.19(1633.10.21)
生年:元亀1(1570)
天正遣欧少年使節の副使のひとり。大村領中浦(長崎県西海町)の城主を父として生まれる。有馬のセミナリオ(神学校)に学び,使節に選ばれる。天正10(1582)年長崎出航,スペイン,ポルトガル,イタリアを旅し,ローマ教皇に謁見して同18年帰国。同年イエズス会に入会,天草のコレジョ(学院)で神学を修め,伊東満所と共にマカオで神学などを学び,慶長13(1608)年長崎で司祭となる。同19年のキリシタン追放令に際しては国内に残留し,肥前(長崎県)口之津を拠点に天草,肥後(熊本県),筑前(福岡県)などで布教し,迫害下の信徒を励まし続けた。寛永9(1632)年小倉で捕らえられ,翌年9月,長崎の西坂刑場で穴吊りの責めを受け,3日後に殉教した。

(片岡瑠美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかうらジュリアン【中浦ジュリアン】

1570ころ‐1633(元亀1ころ‐寛永10)
天正遣欧使節の副使,のちイエズス会司祭。肥前中浦出身。1580年(天正8)有馬のセミナリヨに学ぶ。巡察師バリニャーノに認められ,82年遣欧使節としてローマに赴いた。帰国後91年にイエズス会に入り,1601年(慶長6)マカオに赴き神学を修めた。08年司祭に叙階され博多で活動。禁教令施行後は口之津から九州各地に巡回し,33年小倉で捕らわれたのち長崎に護送され,穴吊りの刑のため死亡。【五野井 隆史】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中浦ジュリアン
なかうらじゅりあん
Nakaura Julio
(1567―1633)

天正(てんしょう)遣欧使節の1人。肥前(ひぜん)国大村領中浦(長崎県西海(さいかい)市西海町中浦)に生まれ、1580年(天正8)有馬のセミナリオ(小神学校)の第一期生となる。少年使節団の副使に選ばれ、82年長崎港を出帆し、ローマにて教皇に謁見した。禁教令下の90年に帰国し、翌年天草においてイエズス会へ入会した。1601年(慶長6)マカオの神学院に送られて倫理神学を学び、08年司祭となった。14年のキリシタン禁教令のときには日本に残留し、その後20年間潜伏して有馬(ありま)、口之津(くちのつ)(いずれも長崎県)を中心に布教活動を続けた。32年(寛永9)末小倉(こくら)(福岡県)で捕らえられ、翌年10月21日長崎西坂で4日間穴吊(づ)りの刑に処せられ殉教した。そのとき「私はローマへ行った中浦ジュリアン神父である」と叫んだという。[宮崎賢太郎]
『ルイス・フロイス著、岡本良知訳註『九州三侯遣欧使節行記』(1942・東洋堂) ▽デ・サンデ編、泉井久之助他訳『新異国叢書5 デ・サンデ天正遣欧使節記』(1969・雄松堂書店) ▽松田毅一著『天正少年使節』(角川新書) ▽結城了悟著『天正少年使節の中浦ジュリアン』(1981・日本二十六聖人記念館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中浦ジュリアンの関連キーワード伊東満所遣欧使節千々石ミゲル天正遣欧使節原マルチノ遣欧天正遣欧少年使節長崎県大村市グワルチェリ千々石清左衛門

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中浦ジュリアンの関連情報