コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤広右衛門 さとう・ひろえもん

1件 の用語解説(佐藤広右衛門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤広右衛門

没年:慶応4.1.3(1868.1.27)
生年:文化9(1812)
幕末の樺太漁業家。越後国新潟の出身で,父は小林六郎兵衛。初名は重之助。江戸で漢学と兵学を学び,帰郷して佐藤広右衛門の養子となって襲名。親戚で北蝦夷地(樺太)御直場所差配人元締役の松川弁之助に誘われて,安政5(1858)年箱館に行き,箱館奉行から差配人に任じられた。同年樺太の東海岸で漁業を試みたが難航し,万延1(1860)年にようやく漁場7カ所を開いた。しかし莫大な経費に見合う漁獲が得られず,翌年差配人を辞して樺太から撤退。この間弁之助と共同で箱館地蔵町の海面2万坪余の埋め立てを行い,また文久2(1862)年には箱館奉行の諮問にこたえて蝦夷地,樺太の守備や開発に関する意見書を提出している。<著作>『開道記』『開道北征録』<参考文献>「佐藤広右衛門履歴」(北海道立文書館所蔵)

(長谷川伸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤広右衛門の関連キーワード上信越下越漁業権漁業川上松岳木下智古比呂佐藤解記佐野孫右衛門栖原角兵衛(10代)日野資徳松川弁之助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone